日々のノートかがやく40代のために出来ること。

| LOVE | TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.19 Saturday ... - / -
#はじめての保育参観

これまで通ってきた幼稚園と新しい幼稚園は違うと散々書いてきたが、
とうとう初めての保育参観を新しい園で体験し、また強く思う。

保育参観は事前に一日の時間割が渡され、好きな時間に来て帰ってよし。
一日を通して保育を公開している。


昨日は終日冷たい雨の日で、次男(1)を連れて行くには困難な日だった。

つい先日の就学前検診も冷たい雨の日で、ベビーカーにビニールフードを被せ
傘を差し、荷物を持ち、傘を差した幼稚園児を連れて用を足した。

めっちゃ疲れた。

今日も、雨の中歩き、オギャオギャうるさいチビを背中に引っ付けて
保育参観するのか?と思っていたら朝4時に起床して遊ぶ次男。
6時までひとしきり遊び、すんなり深い睡眠の世界に堕ちてしまった。

寝てしまった次男を置いて長男をとりあえず幼稚園へ送りに家を出る。
ダッシュで帰宅し、起きるのを待つが起きそうにない。
無理やり起こすのも可哀想。(ちゅうか寝ていて欲しい)

私は朝4時に起きた以来で少し眠いが保育参観が気になる。
起きた次第で家を出てチラっと様子を伺いたい。
でも、起きそうにないので少しだけ参観をして来ようと園に一人で出かける。

クラスを覗くと折り紙作成の時間だった。
小さい机に5〜6人座って担任の説明を聞きながら行われていた。

驚く事に誰一人と私語をしていない。
当たり前か?
無駄にピースピースなんてやってる子はいない。
椅子から離れ脱走しかかってる子なんていない。
折り紙に飽きて他の事をしようとしてる子なんていない。
まぁ、これが横割りクラスの素晴らしい成りなのかもしれないけど、
私としては調教された動物園を見ているようで面白くない。
私語もせず見つめる母親達、私語もせず黙々と折り紙を折る園児。

座れ言われたら座れるのね、知らなかったよ。
折り終わって待つ間は手はお膝が出来る年齢だったのね、知らなかったよ。

やろうとすれば出来る年齢に育っていたのね、知らなかったよ。

「食べていい?」
「トイレ行っていい?」
「先生、もうやっていい?」

指示待ち族が出来そうだな〜と不安になった日だった。

2009.11.20 Friday ... comments(2) / -
#学級閉鎖

月曜日、長男のクラスの欠席者が7人にいた。

いつもどおり14時にお迎えに行くと、
明日から日曜日まで学級閉鎖になったと知る。

まだスタートして4回しか出席してないのですが、
さっそく学級閉鎖でお休み。

子どもが家にいると一日が長い〜〜〜。

思うように過ごせないし、拘束時間が長いです。

2009.11.10 Tuesday ... comments(0) / -
#あたらしい生活の日々

新しく始まった園生活。

上履きを履き慣れていない。

ピアノの音を聞いて歌う事に慣れていない。

親も子も、毎日四苦八苦。

給食が週に2回あるのですが、助かります!

長男は登園3日目にしてお友達の家に一人で遊びに行きました。

子どもは適応してる(?)ようです。

今日は、近所の大きな公園に紅葉を見に出かけました。



写真を撮るのは年賀状のため。
でも、なかなか採用される写真がないのが悩みです。。。


銀杏

2009.11.08 Sunday ... comments(0) / -
#新しい幼稚園

引越ししてきて、11月から新しい幼稚園に通う長男。

年齢的に園生活もわずか残り半年なんですが、新しいところへ転入して通います。

今までのところは良い悪いは別として、あまりキッチリと管理されていない幼稚園だった。
個人の持ち物なんて無いに等しかった。
上履きと(退園間近にやっと着用義務となった)通園バック、絵本袋、紅白帽子、通園帽子くらい。

今度の園はそういうワケにいかない。
なんと言っても制服がある。
靴下の色も決められているし、ハンカチちり紙も必携なのだ。

個人の座布団もあるので椅子に座る時間が設けられてるのね。
週に1回英語の時間もある。
ひらがなワークをする時間もあるらしいし、
年長は一体いつ遊ぶんだ?と感じる。

今までの園は自由に自分のしたい頃を一日中費やす。
制服もないので朝は親の判断で薄着や厚着をさせる。
毎日ズボンも靴下も泥だらけ!!
男の子の親は洗濯機に入れる前に洗濯板で予洗いしてからじゃないと大変なのだ。

小学校に上がれば嫌でも勉強が始まる。
毎日学習することがあるのだ。
それは必要な義務教育だから、頑張るのだ。

勉強なんぞは小学生になってからでいいと思っていたので
新しい幼稚園で長男は学習と言う名の時間をどう過ごすのかちょっと心配。

事前に渡されたクレヨンや粘土版、粘土ヘラなどの細かな備品に名前を書いていると
新鮮な気分になり、新たな世界に漕ぎ出す子どもの背中をどう眺めようかと考えるのである。

2009.11.02 Monday ... comments(2) / -
| 1/1 |